• Header-kenniscentrum-1.jpg

« バック

土壌を酸性に保つ重要性

zuurtgegraad-ph-plantenvoeding.jpg18 avril

酸性度またはpHは、植物の発育過程で重要な役割を果たします。pHは、土壌に存在する栄養素に影響を与え、その利用可能性にも影響を与えます。

すべての生物は、成長、発達、そして生存するために栄養素を必要とします。たとえば、植物には土壌からミネラル分も必要です。植物の重要な栄養素は次のとおり:

  • ホウ素:膜を強化し、成長点の発達を刺激します。
  • カルシウム:細胞壁の一部であり、細胞を強化します。
  • 塩素:塩分バランス維持と他の栄養素を吸収するために必要です。
  • リン:植物内のエネルギー伝搬の一役を担います。根、花、種子の形成に重要な要素です。
  • :葉緑の顆粒を作るのに必要です。
  • カリウム: 様々な酵素を活性化し、植物の塩バランスに役割を果たします。
  • 銅:植物内の多くの酸化および還元反応の過程で必要です。これらの反応は銅なしでは起こりません。銅はまた、ビタミンの形成にも必要です。
  • マグネシウム:葉緑の顆粒の一部であり、酵素と細胞壁の構成要素です。
  • マンガン:葉緑体を堅くさせ、酸素を放出するために必要です。また、植物内の良好な代謝を保証します。
  • モリブデン:植物に窒素を取り込むために必要です(窒素固定と硝酸還元)。モリブデンは、特定の植物ホルモンの構成要素です。
  • ニッケル:酵素が機能して、窒素循環が継続できるようにするために必要です。
  • 窒素:とりわけアミノ酸と葉緑体の重要な部分です。窒素は植物の栄養成長を刺激します。
  • 亜鉛:幾つかの酵素の一部です。
  • 硫黄:さまざまなアミノ酸やタンパク質の一部です。また、植物の根の成長と硬度を促進します。

植物の成長問題

植物の成長の問題は、栄養素の不足によって引き起こされる可能性があります。これはpHが原因であることがあります。生物学的プロセスには最適値があり、これは通常6〜7の間です。低pH(酸性環境)では、栄養素の吸収が抑制されます。これは、H⁺イオンが根の成長、栄養素の吸収に悪影響を与えるためです。さらに、低pHは栄養素の効果を減らします。高pHでは、様々な栄養素が植物に吸収されない、または吸収されにくい状態になります。

窒素吸収に対する酸性度の影響

酸性度の影響は、窒素(N₂)の吸収に見ることができます。植物はこ窒素をガスとして吸収することはできず、土壌から硝酸塩またはアンモニウムとして取る必要があります。このプロセスにはさまざまな細菌が必要です:

  • 窒素結合細菌は、大気中の窒素ガスをアンモニウムに変換させます。
  • 腐敗菌は死んだ生物の廃タンパク質をアンモニアに変換します。
  • 亜硝酸菌はアンモニアを亜硝酸塩に変換します。
  • 硝酸菌は亜硝酸塩を硝酸塩に変換します。

硝酸菌は亜硝酸塩を硝酸塩に変換します。バクテリアが6〜7のpHで最もよく機能することと、pH 6未満では硝化が減ることが正しいと言えます。窒素は植物内で重要な役割を果たし、植物の成長に大きな影響を及ぼします。たとえば、DNAの構成要素であるヌクレオチドの生産には窒素が必要です。窒素がなければ、植物はその細胞を更新することができず、植物は時間がたてば死んでしまいます。

BAC pHコントローラー

土壌のpHを増減するために、BACは高濃度のpH⁻とpH⁺を持っています。これにより水内のpHを安定させることができ、土壌が最適なpHを達成できるようになります。弊社のWebショップでオンラインで注文できます。私達の製品について、または製品がどのように機能するかについてもっとお知りになりたいですか?弊社社員にお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。

« バック

Scroll to top